ヘヴィメタルのドリームバンド「ハ〇メタル」構想

スポンサーリンク

大変失礼極まりないのだが、メタルバンドにハゲのメンバーが一定数いて、そのドリームバンドを考えてみたら面白いのではないかと思った。
ハゲと侮ることなかれ。ここに紹介するメンバーは才能が光る。決して頭部が光っているだけではない(失礼ですみません)。
ハゲメタルはヘア・メタルのもじりで。ヘア・メタルは1980年代にあったロングヘアをスプレーで固めていたことに由来するヘヴィメタルのサブジャンルのひとつ。別名グラム・メタル、LAメタルとも。代表的なバンドはMOTLEY CRUE、BON JOVIなど。

ハゲメタル:ドリームバンド構想

ボーカル:ヤニス・パパドプロス(BEAST IN BLACK)
ギター:ウルフ・ホフマン(ACCEPT)
ベース:ニルス・エリクソン(NOCTURNAL RITES)
キーボード:フェルディ・ドルンバーグ(AXEL RUDI PELL)
ドラム:マイク・テラーナ(YNGWIE MALMSTEEN、RAGE、AXEL RUDI PELL)

メンバーひとりずつ紹介していこう。

ボーカル:ヤニス・パパドプロス(BEAST IN BLACK)


バンドのフロントマンは彼で決まりだ。動画冒頭のハイトーンで観客の心を鷲掴みする。
女性のようなファルセットもあり、バラードもいける。

ギター:ウルフ・ホフマン(ACCEPT)


動画のようなかっこいいリフがほしい。クラシックの影響を色濃く受けた彼のギターソロも見どころのひとつだ。
演奏技術のほかに長身であるところも魅力的だ。

ベース:ニルス・エリクソン(NOCTURNAL RITES)


彼はベースプレイだけでなく、バンドのソングライティングを握っている。このドリームバンドに素敵な楽曲を用意してほしい。動画でもわかるが、ライブでお茶目だ。

キーボード:フェルディ・ドルンバーグ(AXEL RUDI PELL)


キーボードプレイも文句なし、さらに高音のコーラスもやってくれるので、きっとライブで演奏できる曲の幅が広がるはずだ。

ドラム:マイク・テラーナ(YNGWIE MALMSTEEN、RAGE、AXEL RUDI PELL)


ハゲていないじゃんってツッコミが来そうだが。ここは許してほしい。このドリームバンドの屋台骨を務められるのは彼以外いないだろう。ルックスもさることながら、とにかくドラミングがパワフルだ。これまでのバンド歴もすごい。

どうだろうか、ハゲメタル:ドリームバンド構想。楽曲も期待できるし、何よりライブ映えするのではないだろうか。どこかのレコード会社のプロデューサーがこの構想を見て、メンバーにアポイントを取ってほしい(まずないだろうが)。

このほかにも適任メンバーはいるだろうと思う。たとえば、ボーカルならメタル・ゴッドのJUDAS PRIESTのロブ・ハルフォード。このテーマなら、まず先に彼を思い浮かべるかもしれない。だがしかし。あまりにも重鎮過ぎて恐れ多いので却下である。これは管理人の独断と偏見で決定したことである。
あとは上述の動画を見ていただくと、NOCTURNAL RITESのギタリストのペル・ニルソンもいることがわかる。せっかくのドリームバンド構想なので、同一バンドから2名以上の選出は控えさせてもらった。これは管理人の独断と偏見で(以下省略)。
あとは上述の動画を見ていただくと、AXEL RUDI PELLのベースのフォルカー・クラウツァックもいることがわかるが、ペル・ニルソンと同様の理由である。

なかばネタ要素が強くなってしまったが、どのメンバーも管理人の好きなバンドのメンバーであり一流のミュージシャンである。これを機に覚えてもらえたら幸いである。
こういうかっこいい姿にあこがれる。前方から砂漠化が進行中の管理人の独り言。

この次は、ヒゲメタルでドリームバンド構想を考えたい(需要があるわからないが)。

合わせてどうぞ。

2019年おすすめバンドBEAST IN BLACK
1年くらい前から管理人がはまっている かっこいいバンドBEAST IN BLACKを紹介したい。 5月の「SUOMI FEAST 2019」と 9月の「METAL WEEKEND 2019」にて立て続けに来日。 今、来ている彼らについて調べ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました