SINERGY アルバム紹介

Review
スポンサーリンク

ギターのアレキシ・ライホが逝去して、このバンドのCDアルバムを急いで押し入れから引っ張り出してきて聞いていたら、ベースのマルコ・ヒエタラが引退するニュースが入ってきた。いったいどうなっているのだ。悲しみの連鎖が止まらない。

IN FLAMESのギターのイエスパー・ストロムブラードとDIMMU BORGIRのキーボードのキンバリー・ゴス(このバンドではボーカル)が中心となり、CHILDREN OF BODOMのギターのアレキシ・ライホ、ARCH ENEMYのベースのシャーリー・ダンジェロ、ドラムのロニー・ミラノヴィッチを迎えて結成したフィンランドのオールスター的なバンド。サウンドは女性ボーカルのCHILDREN OF BODOMのメロディックデスメタル(ノーマルボイスで歌う)である。とにかくギターがよい。2ndアルバムからはイエスパーの代わりに後にCHILDREN OF BODOMのギターとなるローペ・ラトヴァラ、後にNIGHTWISHのベースとなるマルコ・ヒエタラ、TO/DIE/FORのドラムのトミー・リールマンに代わった。プロデューサーはフレドリック・ノルドストローム。

Trooper Entertainment Inc. - ARTIST- SINERGY
スポンサーリンク

“BEWARE THE HEAVENS” (1999年)

お勧め度:☆☆☆
アレキシ・ライホがクサいメロディを速弾きしまくっていてとてもいい。キーボードのメンバーはいないが、随所に織り込まれいい味を出している。キンバリー・ゴスのボーカルは未完成ながら力強さを感じる。リフ一発な#1に、印象的なコーラスで始まりクサいメロディ全開の#2、Bメロの裏でアレキシが弾きまくる#4など。#3、#8の短いインストを入れて9曲ということで、もっと聞きたくなってしまうが腹八分目というところか。

“TO HELL AND BACK” (2000年)

お勧め度:☆☆☆
キンバリー・ゴスとアレキシ・ライホ(二人は恋人同士で住所が一緒とのことだ)以外のメンバーを一新して制作された。とはいえサウンドは大きな変更なし。特筆すべきはキンバリー・ゴスのボーカルの成長だ。#4のバラードで如実に表れている。パワフルな#1はキンバリー・ゴスのことを指しているのかな? #2のクラシカルなイントロでガッツポーズだ。前作よりクサいメロディが減ったものの、メロディ重視でありながらメインストリームなサウンドが展開されていて大器を予感させる1枚だ。

“SUICIDE BY MY SIDE” (2002年)

お勧め度:☆☆☆

CDを再生していきなりのガッツポーズ。#1は疾走感、クラシカルな要素、メロディに優れておりこのバンドの代表曲だろう。若さとも言えるクサいメロディが減退し、洗練されてより王道なサウンドになった。これはこれでかっこいいのだが、赤面必死の若いクサいメロディを探してしまう。

残念ながらSINERGYは3枚のアルバム発表後、自然消滅してしまった。バンドを掛け持ちしているメンバーが忙しくなったためとされている。キンバリー・ゴスとアレキシ・ライホは4年付き合って2002年に結婚した。2年後の2004年には離婚し、友達に戻ったという。

2020年の年末にアレキシ・ライホが亡くなった際に、前妻のキンバリー・ゴスと現在の妻ケリー・ライホが追悼コメントを発表した。

ALEXI LAIHO's Wife Thanks His Fans For Their Support: 'We're Completely Broken'
Alexi Laiho's wife has thanked his fans for their support, two days after the former CHILDREN OF BODOM frontman's death ...
ALEXI LAIHO's Ex-Wife And Former SINERGY Bandmate KIMBERLY GOSS: He Was 'My First True Love' And 'My Best Friend'
Kimberly Goss, who was married to Alexi Laiho nearly two decades ago, has paid tribute to the former CHILDREN OF BODOM f...

改めてアレキシ・ライホのご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました