松本和之 アルバム紹介

Review
スポンサーリンク

松本和之は当時Janne Da Arcのベースのka-yuが本名で始めたソロである。

スリーピースバンド、英語歌詞、ka-yuは作詞・作曲、ボーカルとベースを担当。

ギターは原田喧太、ドラムはRyuである。

2007年にミニアルバムを2枚発表した。その後はソロプロジェクトのDAMIJAWへ移行した。

スポンサーリンク

アルバム紹介

Solid Beat (2007年)

1stミニアルバム。英語歌詞の理由が歌詞に意味を持たせないのようなことをインタビューで話していた。メロディ・作曲センスはバンド時代から変わらず。バンド時代もコーラスをしていてうまいのはわかっていた。少しyasuにも似た高めの声、ベースはバンドのときより控えめ。ボーカルエフェクトやデジタルサウンドを使った激しいロック調の#1と#2、ダウナー系のメロディセンスが光る#3、疾走チューンでサビがメロディアスな#4、神秘的なイントロを持つロックバラード的な#5など。#6はパンキッシュなやんちゃなロックソング。#6には続きがあり、無音のあとにベースソロの”Truth”が隠し楽曲として収録されている。

Solid Beat II (2007年)

2ndミニアルバム。前作からわずか5か月でリリースした。強力なリフとツーバスドコドコで疾走感満点の#1、ベースとドラムで始まる#2、8ビートのキザミが気持ちいい疾走感を生みサビメロがいい#3など。#4ミドルテンポのロックバラードで、ギターソロはタッピング、サビメロにka-yuらしい哀愁がある。#5はタイトルに似合わず?ダンサブルでノリノリだ。間奏の決めフレーズもかっこいい。パンキッシュな#6はサビが癖になるメロディだ。#7もサビメロがよく、さわやかに疾走するため聴き終わったあとは爽快感が残るのもよい。

あとがき

勢いのある楽曲が多いし、もともとバンド時代から作曲センスや歌がうまいこともあり、ソロとはいえバンドサウンドがしっかりしていて、クオリティが高い。スリーピースバンドということでシンプルな楽曲が多く、難解さのないわかりやすいのも魅力的だ。もし、気になるとすれば松本和之というアーティスト名ぐらいか? 漢字ということもあって少々お堅い。yasuのようにソロプロジェクトとして名前があったほうがかっこいいかも。

ということで(本当にそういう理由なのかはわからないが)、次はソロプロジェクトDAMIJAWへつながっていく。


Solid Beat
(画像をクリックすると楽天市場に飛びます)


Solid Beat II
(画像をクリックすると楽天市場に飛びます)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました