INFINITE VISIONSの楽曲が復活、ALDIOUSボーカル脱退ほか

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワー・メタル・プロジェクト MAJUSTICE始動

MAJUSTICE(マジャスティス)はギターのJien Takahashiによるパワー・メタル・プロジェクトである。

ボーカル:ユーリ・サンソン(元HIBRIA)
ギター:Jien Takahashi(STORMHEART、BASKERVILLE)
ギター:ケリー・サイモン(KELLY SIMONZ’S BLIND FAITH)
キーボード:ヴィタリ・クープリ(ARTENSION)
ベース:Kaz Nakamura(KELLY SIMONZ’S BLIND FAITH)
ドラム:Yosuke Yamada(KELLY SIMONZ’S BLIND FAITH)

ゲスト
ボーカル:マイク・ヴェセーラ(元LOUDNESS、元YNGWIE MALMSTEEN)
ドラム:西田竜一(LOUDNESSサポート)

楽曲提供
ティモ・トルキ(元STRATOVARIUS)

2021年1月にクラウドファンディング失敗により解散したINFINITE VISIONSの楽曲がMAJUSTICEによって生かされることになった。中心人物のJien Takahashiはティモ・トルキのファンのようで、自身のバンドSTORMHEARTの楽曲でもティモ・トルキにミキシングとマスタリングを協力してもらっていた。

ケリー・サイモンにヴィタリ・クープリがいたら、超絶ギターとキーボードがバトルするネオクラシカルメタルになりそうだが、どうもパワー・メタルのプロジェクトになるらしい。ベースとドラムがKELLY SIMONZ’S BLIND FAITHのメンバーというのが少し安直すぎるが、その技量を買われての人選だろう。

【MAJUSTICE】”Ancestral Recall” and ”Now Your Turn”【Chorus part Demo Version】

う~ん。この部分だけでは判断つかない。そして”Now Your Turn”はやはり透明感があるケリー・サイモンのハイトーンボイスがいいな。

Stormheart – Tears of the Sky

スネアの音が軽すぎる。音質からB級感がする。そこがクサさにつながるわけだが。

MAJUSTICEは2022年の上半期にデビューアルバムリリースということで、様子を見てみよう。

ティモ・トルキ、マイク・ヴェセーラ、ユーリ・サンソン、Kelly SIMONZら国内外の実力派ミュージシャンによる注目のプロジェクトが始動!
THE WORLD'S HEAVIEST HEAVY METAL WEB SITE BURRN! ONLINE.

ガールズ・メタル・バンドALDIOUSからシンガーのR!Nが脱退

6月18日にR!Nがうつ病を発症し、入院となったため脱退したことが発表した。
6月28日にはゲストボーカルに大山まきを迎え、ライブツアーを行うことを発表した。

ALDIOUS(アルディアス)は2008年にギターYoshiを中心に結成し、2010年にデビューした。

メンバー交代は以下のとおり。
ボーカル:RAMI(2008-2012) 病気のため脱退
ボーカル:Re:NO(2012-2018) 耳管開放症のため脱退
ボーカル:R!N(2019-2021) うつ病のため脱退
ドラム:Aruto(2010-2014) 結婚のため引退

Arutoの寿退社?を除くと、ボーカル3名とも病気での脱退となっており、バンド活動は決して楽な道のりではなかった。特にメンバー全員女性と限定しているため、メンバー探しは大変だろう。

管理人はRAMI時代のアルバム2枚で終わってしまった。なんとなくボーカルチェンジ後から聞かなくなった。

デビュー時はアゲ嬢メタルバンドで推していたと思ったけど、気づいたらガールズ・メタル・バンドになっていたね。当時は珍しかったけど、現在ではLOVEBITESやMARY’S BLOOD、CYNTIA、BAND-MAIDなど飽和してきた印象だ。

ガールズ・メタル・バンドの火付け役だったALDIOUSが、この危機をどのように乗り越えて、強くなってシーンを盛り上げていくか期待したい。

Aldious / Show Down

脱退したボーカルR!Nが歌う最新曲のMV。TV番組のカラオケバトルにも出場する実力派ボーカルだっただけに、残念である。

Aldiousを応援してくださっている皆様へ
いつもAldiousを応援いただきありがとうございます。突然のご報告になりますが、ヴォーカルのR!Nが精神的なストレスが悪化してうつ病になったため緊急入院することとなり、今後のバンド活動に参加することができない為、脱退の申し出を受けました。...
ライヴツアー「Aldious Tour 2020-2021 “Unlash”」についてのお知らせ
ライヴツアー「AldiousTour2020-2021“Unlash”」7月1日以降の公演につきまして、7月1日(木)からの公演には、ゲストヴォーカリストとしてソロシンガーの大山まきさんをお迎えして年内の公演を行わせていただきます。■大山ま...

KK’s PRIEST – “Sermons of the Sinner” MV公開

KK’s PRIEST – “Sermons of the Sinner”

デビューアルバムのタイトルナンバーであり、これまたヘヴィメタル然としており、かっこいい。

実は”Hellfire Thunderbolt”のときからドラムがレス・ビンクスからショーン・エルグに交代していた。レコーディング中に腕を負傷したため、ショーンが全曲レコーディングした。元JUDAS PRIESTというレス・ビンクスがいなくなり、これで元JUDAS PRIESTという肩書を持つのはK. K. ダウニングとティム“リッパー”オーウェンズだけになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました